第8回公開研究会「量子コンピューターにより、どのように未来社会は変わるのか?」開催のお知らせ

未来社会共創センター・ライフスタイル事業部門が主催する公開研究会。どなたでも無料・無登録でオンライン(ZOOM)参加できる研究会です。ポストコロナのビジネスとライフスタイルを共創するための頭の体操に、ぜひご参加ください。

●第8回は2023年1月26日[木]午前11時からオンライン開催します。
●テーマは「量子コンピュータにより、どのように未来社会は変わるのか?」です。
量子コンピュータとは何か? 日本初の量子コンピュータの導入から、量子コンピュータの応用と展開、特にライフサイエンス・創薬への応用を中心に、量子コンピュータにより、どのように未来社会は変わるのか?についてお話しを伺います。

●コーディネーターは一般社団法人未来社会共創センターライフスタイル事業部門デジタルLSD(Life-Style-Design)研究班 統括研究員の岩田淳(iDP株式会社 代表取締役)です。今回はオンラインのみの開催です。

[ゲスト略歴]
中野 大樹(なかの だいじゅ)
日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所
サイエンス&テクノロジー部長
1996年に東京基礎研究所に入所以来、サイエンス&テクノロジー部門において、液晶ディスプレイ技術やデジタル無線通信技術などに従事、2021年に日本初の商用ゲート型量子コンピュータの導入にかかわり、現在、量子コンピュータ技術やAIを用いたマテリアルディスカバリー技術などの研究開発を担当。
東京大学理学部物理学科修士

●ZOOMトピック: 未来社会共創センター研究会「ポストコロナのビジネスとライフスタイルを共創する」シリーズ
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/j/86166082001?pwd=VkZHcHpSUTlTVHViUTY5TVY5MFpzQT09

ミーティングID: 861 6608 2001
パスコード: lifestyle

関連記事