研究会開催概要

行政組織や業界団体、企業などの求めに応じてテーマを設定して開催する研究会

2022年度は『ポストコロナのビジネスとライフスタイルを共創する』を年間テーマに掲げ、各研究班の統括研究員がコーディネイターを担当して5月に第1回『睡眠とライフスタイル』を開催、第2回の研究会は『子供達の食』、第3回は『ウェルビーイング』、第4回は『社会人の越境学習』をテーマに9月13日[火]18時30分よりリモート(ZOOM)にて開催致します。

第4回は9月13日[火]18時30分から開催、テーマは「社会人の越境学習」です。
「専業禁止」の人材ポリシーで注目され、「複業留学」などを手がける株式会社エンファクトリーの加藤健太代表取締役社長です。2022年6月には、「企業間複業を通じた越境学習・越境コンソーシアム」の第1弾を展開し、ブリヂストン、シミックホールディングス、富士通ラーニングメディア、パルコなど6社の社員が企業間複業を開始しました。他社のメンバーとの共創を通じた課題解決と人材育成、ダイバーシティ&インクルージョンを目指す「越境コンソーシアム」の詳細や、新しい働き方について知見をお伺いします。

●コーディネーターは新しいワークスタイル研究班統括研究員の慶野英里名ですです。


●第4回も参加料無料で、ZOOMにログインして頂ければ、誰でも視聴可能です。

下記のコードでログインして下さい。

トピック: 未来社会共創センター研究会「ポストコロナのビジネスとライフスタイルを共創する」シリーズ

https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/j/86166082001?pwd=VkZHcHpSUTlTVHViUTY5TVY5MFpzQT09
ミーティングID: 861 6608 2001
パスコード: lifestyle

 

●第5回の開催は10月下旬頃を予定しており、未来ワークイノベーション研究班の大岡明統括研究員が担当して、『未来のワークイノベーション(仮題)』をテーマで検討しています。
第6回は11月下旬に開催予定です。